読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり息子と天パパパ

主夫修行中の天パパパが、発達障がいグレーゾーンの四歳児とすごす日々の記録です

ジャミロクワイが帰ってきた!7年ぶりの新作「Automaton(オートマトン)」に先駆けMVを公開。日本公演も。

趣味

ジャミロクワイが、7年ぶりとなるニュー・アルバム『Automaton(オートマトン)』を2017年3月31日に発売することを発表しました!

さらに、2017年の5月25日(木)には東京国際フォーラムにて日本公演も行われます!

 

ジャミロクワイとは

ジャミロクワイJamiroquai)は、イギリスのバンド。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニートブラン・ニュー・ヘヴィーズガリアーノコーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。その後のアルバムは、ポップ、ロック、エレクトロニカ等ジャンルを限定しないもので、以前とは違った音楽的方面を模索してきた。世界中で3500万枚以上の売り上げがある。

ジャミロクワイ - Wikipediaより引用

 

アシッドジャズとは、1980年代にイギリスのクラブシーンから派生したジャズの文化で、ジャズファンクソウルジャズ等の影響を受けた音楽のジャンルだそうです。

Jamiroquaiが日本で話題になった時には、バンド名なのか人の名前なのか悩んだ人も多かったですね。

ジャミロクワイがグループ名で、ボーカリストが「ジェイソン・ケイ」通称JKです。

日本でも「Virtual Insanity」が大ヒットしましたね。

ノリがいいのでドライブ中に良く聴いていました。

www.youtube.com

ジャミロクワイについてあまり知らない方でも、この曲は耳にしたことがあったり、PVを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

床が動いているように見えるとても不思議なPVですね。

以前にメイキング映像を見たことがあるのですが、こちら実際には壁を動かしていたそうです。

こんな素敵なPVを作るために画面の外では大勢のスタッフが頑張って人力で壁を動かしていたとは…。

 

ちなみに流行っていた当時に友人が完コピしてカラオケで歌っていました。

とても懐かしい思い出です。

他にも「コズミック・ガール」や「スペース・カウボーイ」「リトル・エル」等名曲が沢山ありあますね。

 

スポンサーリンク  

 

ジャミロクワイの最新アルバムは?

7年ぶりに発売するオリジナルアルバムの名称は「Automaton(オートマトン)」

2017年3月31日発売です。

発売に先駆けて、アルバム内の曲から1曲MVが先行公開されています!

www.youtube.com

ジャミロクワイのボーカリスト、ジェイ・ケイのファッションの特徴の一つと言える「帽子」が今回は進化?していますね。

今回のアルバムは、よりクラブミュージックに近い感じになっているのでしょうか。

とてもかっこよくて息子も既にお気に入りになったようです。

公式サイトに書かれていたジェイ・ケイの発言によると、テクノロジーやA.I.の発展によって人生の楽しみ方や謳歌の仕方、他人とのかかわり方を忘れてしまっている現状からインスピレーションを受けて製作したそうです。

毎回メッセージ性が強いので、今回も様々なメッセージが込められていそうですね。

アルバムを聴くのが楽しみです!

 

参考リンク

7年ぶりの最新アルバム『オートマトン』がついに発売決定! - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

 

ジャミロクワイの日本公演は?

2017年5月25日(木)

東京国際フォーラム HALL A

での講演が決定しているそうです!

 

イープラスでのプレオーダーも始まっているようです。

▼講演の詳細やプレオーダーはこちら

https://www.creativeman.co.jp/artist/2017/05jamiroquai/

 

ちなみにジャミロクワイの以前のライブ映像はこんな感じのようです。

www.youtube.com

とても楽しそうなライブですね。

 

ジャミロクワイの音楽を楽しむ

amazonプライム会員の方はプライムミュージックに以前のアルバムがラインナップさされていますので、気軽に楽しむことができます!

私もこのニュースを聞いて久しぶりに以前のアルバムを聴きこんでしまいました。

 

ジャミロクワイの名曲を聴きながら新しいアルバムAutomaton(オートマトンも楽しみにしようと思います。

お読みいただきありがとうございました。

▼関連記事です

親子でノリノリ!レキシの日本史ポップスが面白い 

マツコも知らない小室サウンド。常に最先端のTM NETWORKの魅力。