読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり息子と天パパパ

主夫修行中の天パパパが、発達障がいグレーゾーンの息子とすごす日々の記録です

絵本大好き4歳児が選ぶ、年代別好きな絵本3選

のんびり息子は絵本が大好きです。

読みたい本持ってきて!というと、

f:id:kenmoja:20161205135600p:plain

このように本棚にあるすべての絵本を持ってこようとします。

はぁはぁ言いながら頑張っている様子は、まるで筋トレでもしているかのようです。

 

そんなのんびり息子が我が家の本棚から選ぶ好きな絵本を年代別に分けてみました。

購入時期ではなく、特に興味を持ち始めた時期で分けています。

乳児期~1歳に好きになった絵本

いないいないばあ

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)

言わずと知れた名作、いないいないばあです。

出産祝いに頂いたのですが、言葉のテンポ、味のある絵、隠れていた顔が見えるようになる展開に赤ちゃんでも大うけです。

色々な動物が出てきて動物の名前も覚えられます。

同じ松谷みよ子さんの「いいおかお」も何度も何度も読みました。

 

だるまさんシリーズ

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

こちらも言わずと知れた名作、だるまさんシリーズ。

言葉のテンポ、温かみのある絵柄、大人でもくすっと笑ってしまう展開。

何度も読んであげているうちに段々息子がだるまさんの真似をしてくれるようになってくるのが、成長を感じてかわいかったです。

3作それぞれ面白いのでぜひ3作揃えていただきたい作品です。

 

おひさまあはは

おひさま あはは

表紙が良かったので買った絵本です。

おひさまも、おおきな木も、ことりもみんな笑います。

読んでいると大人も子供も笑顔になってしまう、元気がもらえる一冊です。

 

1歳~2歳頃好きになった絵本

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

こちらも不朽の名作、しろくまちゃんのほっとけーき。

材料を揃えて、まぜて、焼いて、みんなで食べて。

焼く時の見開きのページは子供がみんな釘づけですよね。

こぐまちゃんシリーズは息子のお気に入りすぎてうちには5,6冊はあると思います。どれも未だに読んでいます。

 

おしくらまんじゅう 

おしくら・まんじゅう

だるまさんシリーズの作者の、かがくいひろしさんの作品です。

表紙にも描かれている紅白まんじゅうが色々なキャラとおしくらまんじゅうをするのですが、その時の擬音語、擬態語がとても印象的で息子もゲラゲラ笑っていました。

オチもとても面白いです。

 

おやおや、おやさい

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

野菜のキャラがかわいかったので購入しました。

お野菜がマラソン大会をする話で、野菜の名前が上手く文章にちりばめられています。

この本で覚えた野菜の名前もたくさんありました。

お子さんも野菜を好きになるかも?

 

2歳~3歳頃好きになった絵本

どうぞのいす

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)

 のんびり息子がおばあちゃんからもらったお気に入りの一冊。

絵がかわいくて沢山の動物がかわるがわる出てきます。

他の人への思いやりに心が温まる絵本です。読後にほっこりします。

 

がまんのケーキ

がまんのケーキ

コイのこいたろうと亀のかめぞう、まず絵本には異色の組み合わせです。

そんな二人がカエルのケロ子さんが買い物から帰ってくるまで目の前のケーキを我慢するお話。

2人の会話がとても面白い!親もとてもお気に入りな絵本です。

こちらも、だるまさんシリーズのかがくいひろしさんの絵本です。

 

ピヨピヨスーパーマーケット

ピヨピヨスーパーマーケット

スーパーマーケットでのお買い物が大好きな息子の為に買った絵本です。

キャラもかわいいのですが、スーパーマーケットに並ぶ商品の書き込みがとてもかわいいし素敵です!

内容もお買い物の楽しさや欲しいものを我慢する教訓もありつつ、最後は楽しく終わります。

 

3~4歳ごろ好きになった絵本

ノンタン ボールまてまてまて

ノンタンボールまてまてまて (ノンタンあそぼうよ (10))

 産まれた時から持っていてそこそこ楽しんでいたのですが、最近になって大ブレイク。

そこそこページ数があるのですが、自分で開いて迷路をやったりボールを探したり楽しんでいます。

子どもが開きやすい大きさなのもいいのかもしれませんね。

 

すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ

イラストの色使いが素敵です。海外の作品なので、子どもでも非日常感をあじわえるのではないでしょうか。

表紙のパッと見は怖いのですが、息子曰く「こわいけど、おもしろい」とのことです。

とてもお気に入りで最近でも毎日のように読み聞かせリストに入っています。

 

よるくま クリスマスのまえのよる

よるくまクリスマスのまえのよる

昨年のクリスマス前に買いました。

クリスマスの前の夜のお話なので、黒を基調とした絵柄が素敵です。

親子ともども色々考えさせられるような内容ですね。

 

親子で思い入れがある本

からすのパンやさん

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

 私が子どもの頃に大好きだった絵本です。

3歳頃に買ってあげたところ、息子もとても大好きな本になりました。

見開きで色々な種類のパンが描かれているページで、どれにする?と二人で選ぶときは親子で目がキラキラしてしまいます。

 

絵本への興味と読み方

最初は読み聞かせだけだった絵本も、ストーリーを覚えて教えてくれたり、文字が読めるようになって自分で少しずつ読んでみるようになったり、日々成長を教えてくれます。

買ってあげた当初はあまり興味がなさそうだった絵本も、時間がたつと急にお気に入りになったり息子なりに楽しんでいます。

特に好きなページだけくり返し読んだりもしますよね。

同じ本を何度も読んで!と言われると親は疲れてはしまいますが、せっかく興味を持ったことなのでなるべく読んであげるようにはしています。

絵本って読んでいると親も色々考えたりしますよね。

さすがに毎日全部読むのは厳しいですけどね!

 

お読みいただきありがとうございました。

 

www.amazon.co.jp