のんびり息子と天パパパ

主夫修行中の天パパパが、発達障がいグレーゾーンの息子とすごす日々の記録です

かわいいもの好き男子の日常

今日は年末年始分の食糧の買い出しに行ってきました。

この時期のスーパーは、おせち料理鏡餅の売り場が広くなっているので普段買ってるものが場所移動していたり、人出も多かったりするので買い物も一苦労ですね。

後程お惣菜を作りだめしなければ…。

 

f:id:kenmoja:20161228155221p:plain

お買い物と言えば、子どもにとっては一番の楽しみははお菓子コーナーですね。

のんびり息子もご多分に漏れずお菓子コーナーが大好きです。

時には5分ぐらいどれにしようか悩んでいます。

昔ながらの駄菓子系から食玩から知育系のお菓子まで。

確かに目移りしてしまいますよね。

基本的には100円ぐらいまでのお菓子と決めてはいますが、それでも種類が豊富。

 

案の定今日もきょろきょろ眺めていました。

これは時間かかるかなーと気長に待っていたら

f:id:kenmoja:20161228155516p:plain

「これにする!」

意外とあっさり決まったお菓子は予想外の「プリキュアグミ」。

「これかわいい!」

とプレゼンするのんびり息子の目もプリキュアのように輝いていました。

 

のんびり息子は日ごろからかわいいもの好きの女子高生並みに「かわいい!」を連発しています。

キャラクター物やキラキラしたものも好んでいます。

おもちゃ売り場に行っても、目を輝かせてシルバニアファミリーを眺めているときもあります。

一瞬だけ、隣にある「仮面ライダーエグゼイドグミではないの?」という考えがよぎりましたが、それは頭の固い親の決めつけでした。

本人が選んでいるのだから、男の子でもかわいいもの好きでも全然いいんですよね!

 

親も一緒にかわいいかわいい言いながら家で「プリキュアグミ」を食べました。

余談ですが、「プリキュアグミ」や「アンパンマングミ」などの容器は、きれいに洗ってチョコレートを流し入れてキャラクターチョコを作ったり、粘土遊びの型にしたりと再利用できますよね。

よく見てみると同じシリーズでも色々な種類があるので子どもも大人も楽しんでいます。

 

年末年始に食べる用の大袋のお菓子も「パッケージがかわいい!」という理由でビスコのアソートパックを買っていました。

江崎グリコ ビスコ大袋 アソートパック 48枚×12個

確かにあのパッケージの子かわいいよね。 

2種類入っているし個包装になっているので毎日少しずつ食べるのに最適。

 

そして、のんびり息子が選ぶかわいいお菓子で殿堂入りになっているのは

明治 ツインクル 5粒×10個

明治のツインクルです!

たまご型のチョコレートのなかに星形チョコレートやハートのラムネ、金平糖などそれぞれ違うものが入っているんですよね。割って食べるのがお気に入りです。

シールが付いているところもポイントが高い。

子どもも大人もときめくチョコレートですね!

 

子どもの興味は移り変わっていくものですが、のんびり息子のかわいい物好きはいつまで続くのでしょうか。

 

お読みいただきありがとうございました。