読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり息子と天パパパ

主夫修行中の天パパパが、発達障がいグレーゾーンの四歳児とすごす日々の記録です

今聴きたいオザケンこと小沢健二の楽曲、ダースにちなんで12選

趣味

クリスマスを前に街が色付く季節、街の片隅に飾られた大きなツリーを見ながら頭の中に流れてきたのはオザケンこと小沢健二の音楽でした。

 

f:id:kenmoja:20161223202153j:plain

私はいけませんでしたが、今年久しぶりにライブを開催して新曲を披露したことはしっていました。

最近は何をしてるのかなと思いHPを覗いてみると本人からのメッセージがありました。

Kenji Ozawa 小沢健二 Official Site ひふみよ

 

上記の本人のメッセージにもありますが、CDが売れていた時代にセールス的にはオザケンはそれほど売れていたわけではなかったんですね。

でもCMに使われ、様々なアーテイストにカバーされ。

記録よりも記憶に残っているんですね。

 

ポカリスエットのCMに使われている「さよならなんて云えないよ」が発売されたのは1995年なので、今から20年以上前の曲です。

カバーされている名曲も、オリジナルを聞いたことが無い人の方が多いかもしれません。

そこで、今だからこそ聴きたい小沢健二の名曲を12選してみました。

 

痛快ウキウキ通り

www.youtube.com

喜びを他の誰かと分かりあう

それだけがこの世の中を熱くする

まさにそう思います。聴いていて本当にウキウキする曲ですね。

クリスマスに彼女へのプレゼントを買いに行くというエピソードで、いまのシーズンにもピッタリ。

 

ドアをノックするのは誰だ

www.youtube.com

寒い冬にダッフルコートきた女の子と原宿を歩いてみたいなと思ったものです。

あなたの心の扉をたたくのは誰ですか?

 

さよならなんて云えないよ

www.youtube.com

タモリさんも絶賛の歌詞。「笑っていいとも」の最終回の少し前にゲストでも登場して弾き語りもしていましたね。

左へカーブを曲がると光る海が見えてくる

僕は思う この瞬間は続くと いつまでも

とてもきれいな景色と複雑な心境が表れています。

 くだらないことばっかみんなしゃべりあい

例えば卒業式とか、別れの日だということは分かっているのになぜかみんな普通の話ばっかりして別れるんですよね。リアルな別れの歌だと思います。 

僕らが旅に出る理由

www.youtube.com

旅立つ恋人と、見送る僕。

しばし別れても日常は続いていく。

この曲調にのって歌われるととても壮大な感じがします。

 

ラブリー

www.youtube.com

とても楽しそうなPV。この曲を聴くと前向きな気持ちになります。

「こんな素敵なデイズ」と胸を張って言える生活をしたいですね。

いつか終わることがわかっていてもいつも素敵なデイズです。

 

流れ星ビバップ

www.youtube.com

疾走感がたまらないです。ライブバージョンでは更に早いです。

ちなみに「ビバップ」とはジャズの形態の一つだそうです。

とてもカッコいいんですよね。

 

愛し愛されて生きるのさ

www.youtube.com

とてもまっすぐなメッセージ。

突然ほんのちょっと誰かに会いたくなるのさ

誰にでもある気持ちですね。

みんな愛し愛されて生きているんだなと感じさせます。

 

強い気持ち・強い愛

www.youtube.com

筒美京平作曲です。高揚感があります。

元気になりますね!

 

天使たちのシーン

www.youtube.com

うって変わってしっとりとした楽曲。

とても長いんですがぜひ最後まで聴いてみてください。

何かに迷ったり困ったりしたときに聴きたくなる曲です。

 

いちょう並木のセレナーデ

www.youtube.com

別れの曲ですね。とてもしんみりとした楽曲です。

いちょう並木を歩くとこの歌が思い浮かびます。

 

ある光

www.youtube.com

この線路を降りたら 虹をかけるような誰かが僕を待つのか?

今そんなことばかり考えてる なぐさめてしまわずに

 新しい環境、新しい場所へ進む時の葛藤なんでしょうか。

 

春にして君を想う

www.youtube.com

2016年12月時点で最新のシングル楽曲

葬送曲のような雰囲気。

「子供のように甘えたいのだ」

 老いることは子どもに戻ることなのでしょうか。

 

12個だからダースだよ

ということで、ダースにちなんで12個選んでみました。

こうやって並べてみてもどの曲も歌詞が素晴らしいですね。

そして、力の抜けた余裕感。

自然な王子様なんでしょうかね。

 

公式HPを見る限りではそろそろ新しい楽曲を発表する準備をしているのかもしれません。今だからこそオザケンを聴きかえしてみました。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

LIFE

LIFE